飲食店が増税までにやっておく事

飲食店が増税までにやっておく事

 

増税の日はまだまだ先だと思っていると、あっという間にその日はきてしまいます。増税の日までにやっておくことをひと通り頭に入れて事前準備をしておきましょう。

 

■商品の価格設定の見直し
消費税増税時に意外とやってしまいそうな失敗として商品価格を一律で値上げしてしまう事。お手頃感が必要な商品なのに、お客さんに高く感じさせてしまっては元もこもありません。ある商品は価格をすえおいて、高額商品を多めに値上げするという戦略的な判断も重要になってきます。

 

■意外と重要な買いだめ
保存性の高い材料や調味料や備品などで、継続的に絶対に必要だと思われるものは事前に買いだめしておくのも重要です。

 

■メニューの見直し
過去の消費税増税の経験から、増税後の3ヶ月は消費の冷え込みが予想されます。その場合に備えて、単品メニューを頼んだ際などに追加で頼みやすいメニューの品揃えを充実させておくなどの対策もしておいた方が安心ですね。

 

■外税表示による値下げ感の演出
イオンなどの大型ショッピングセンターの価格表示方法を参考にして、外税表示を効果的に使って値下げ感を演出するのも大切です。ですがこの場合も税込み表記も忘れないようにして、お客さんとのトラブル発生を防ぎましょう。

 

■レジの税額変更の対処
2014年の3月から4月の月の変更日はレジの計算システムや設定の変更が大変になるでしょう。そのときになって慌てないように、変更に必要な知識と準備を見なおしておきましょう。

 

 

■増税後の消費落ち込みに効果的な販促方法は?
↓↓↓↓

↑低コストで売り上げアップの秘密