消費税が上がるときに、考えなくてはならない値上げ、他のお店などは一体どうしているのでしょうか?

消費税増税に合わせての値上げ【失敗しない方法】

 

消費税が上がる際に、大企業ではそれに合わせて商品の値上げはできますが、中小企業はなかなかそうはいきません。

 

実際に前回消費税増税時(3%⇒5%)の実態調査(※商工会議所等が行った2011年調査)でも以下のようなアンケート結果が出ています。

 

----------------------------------------------------
【質問】増税分を商品の価格に転嫁できましたか?

 

■大企業(年商10億円を超える企業)
はい 8割
いいえ 2割

 

■中小企業(年商1500万円以下の企業)
はい 5割
いいえ 5割
----------------------------------------------------

 

やはり、中小企業にとっては価格変更による表示の変更や、客足が減ることの懸念などによって増税分の値段を商品の価格に転嫁できない場合が半数近くあるようです。

 

では、実際には消費税増税に対して賢い対応とはどういうものなのでしょうか?

 

その一つには、消費税増税前に商品のか価格を値上げしてしまうという手があります。消費税増税前に値上げをするには2つの利点があります。

 

1つは、消費税増税前には駆け込み需要が発生します。飲食店でも少なからず、その恩恵に預かれるはずです。この時にうまく商品価格を値上げしてしまえば、客足に大きな影響を与えることなく値上げができる可能性はあります。

 

2目は、増税後の値上げを回避できる点です。お客さまからしてみると、値上げに関する焦点は増税後に向いているので、事前に値上げすることで、実際には値上げしているにも関わらず、実際に注目される増税後には値上げしていないような印象を与えることができる事です。

 

ですが、消費税増税後は3ヶ月〜半年は消費が落ち込む事が予想されるので、下記のような販売促進方法で事前、事後に対策をしておく事をお勧めします。

 

 

■増税後の消費落ち込みに効果的な販促方法は?
↓↓↓↓

↑低コストで売り上げアップの秘密